1. HOME
  2. ブログ
  3. 経営者ブログ
  4. 生きる屍

BLOG

ブログ

経営者ブログ

生きる屍

都会の緑あふれるレンタルオフィス『Rita-Office』代表
木村蓉子のブログへようこそ。

大谷翔平選手見たさにHRダービーと大リーグオールスター戦、観ました。
大スタジアムは溢れるような観客で埋め尽くされ、大歓声の中で今や世界のスターダムにのしがった大谷選手の一挙手一投足に熱い視線が注がれました。

パンデミック真っ最中でありながら、日本とアメリカとのこの違い。皆さん違和感持たれましたよね。かたや感染死者数15,000人余と60万人強です。日本が60万人でしたっけと思いませんか?一日の感染者数2000人台と23,000人台。これも少ない方が日本です。人口の違いがあるとは言え、文化なのか何のか知りませんが、日本はあまりに腰抜けが過ぎると思いませんか?

私たちの懸案の中国ですが、私が一つ「参った」と思ったのが、あの武漢でコロナの死亡者が急増していた時、一般市民が医療関係者が治療に専念できるよう遺体の処理、必要物資の調達と搬入に「愛国」の精神でボランティアしたというニュースです。それが日本では、感染者への厳しい差別意識がありました。インフルに罹って批判されたり差別された人いますか?いないはずです。
人類共通の敵であるウィルスに心一つに闘わねばならない時に、日本では感染した人や数少ない献身的に働く医療従事者にどんなに惨めな思いをさせたでしょう。
その延長線上に今の異様な日本の政治がありはしないでしょうか。
ゼロリスクの錯覚に侵され、ありもしない「安全安心」を唱えています。
未だに風邪薬の特効薬も人類にはありません。インフルのワクチンを打っても年15,000人(日本だけで)の死者を出しています。

コロナも同じです。リスクに変わりはないのです。なのにオリンピックは無観客????
国民がそうさせたとも言えます。声高に「人が死んだら責任取れるんですか?」詰め寄る野党。取れる訳ないです。取る訳ありません。人は必ず死にますから。日本は生きる屍になろうとしているのですか?
そんな忸怩たる思いを抱きながら、あの大スタジアムの中で本当に好きな野球を楽しそうにやっている大谷翔平選手の輝きに見入りました。

日本の若者よ、どうか日本に活力を取り戻してほしい!

関連記事

error: Content is protected !!