来たれ!ビジネスアスリート!

竹橋〜リタオフィスへ

竹橋からリタオフィスの経路

道順紹介

竹橋(2)

まずは、平川門のT字路を、お濠の背にして北に向かいます。

竹橋(3)

首都高をくぐると、その先に一ツ橋河岸の交差点がありますから、右折してください。

竹橋(4)

150メートルほど進むと、錦町河岸の交差点が見えてきます。写真の矢印の道に入ってください。

竹橋(5)

そこから200メートルちょっと直進すると、信号のある広い道路に出ます。ちょっと分かりにくいかもしれませんが、左の角にあるローソンが目印です。信号を渡って、そのまま直進してください。

竹橋(6)

左側にレンガ色の壁が見えたら、そこがリタオフィスの入っているビルになります。回り込むように左折してください。

竹橋(7)

こちらがリタオフィスの入っている豊島屋ビル正面入口になります。エレベーターで5階までお上がりください。

竹橋紹介・見どころ

竹橋とは

竹橋とは、その名の通り、江戸城のお濠に架かっている橋の名前です。

名前の由来には諸説あり、

①徳川家康が江戸入府の際に、竹で編んだ橋を渡したという説

②「竹橋は昔、在竹橋といへり。北條の家人に在竹摂津守といへるものあり、永禄七年鴻の台合戦の時うち死す。その子を彦四郎といへり、父がうち死の忠により、上総国椎居津城をたまひ、その身は江戸二の曲輪におかる」とあるように、在竹橋⇒竹橋になったという説

等がありますが、真偽のほどは定かではないようです。

竹橋

竹橋見どころ

竹橋駅に副駅名があるのをご存知でしょうか?

副駅名とは、正式名称以外に、その駅の近くにある施設名を添える場合に付けられるようで、竹橋の副駅名は「毎日新聞社前」だそうです。

その副駅名が象徴しているように、多くの人が「竹橋と言ったら、毎日新聞社!」を思い起こすのではないでしょうか?

地理的には、清水濠、平川濠が隣接しており、皇居東御苑や北の丸公園をふらっと散歩するにも便利なロケーションだと思います。

木々の緑が恋しくなったら、お濠沿いにぶらぶら散歩するのも良いのではないでしょうか?

ちょっと寄り道

東京国立近代美術館

竹橋近辺は寄り道スポットの宝庫です。

その中でも、オススメは東京国立近代美術館です。

本館、フィルムセンター、工芸館から構成され、外観だけみてもそのコンセプトの違いをハッキリと見て取れます。

本館

東京に住んでいる人に限って東京タワーに行ったことがない人が意外に多いように、東京国立近代美術館に行ったことがない都民も多いのではないでしょうか?

ブリジストンの創業者石橋正二郎さんに感謝しつつ、一度足を運んでみてください。

東京国立近代美術館:本館

工芸館

煉瓦造の建物を見ているだけでも落ち着きます。本館よりも少し西側にあります。

東京国立近代美術館:工芸館

フィルムセンター

フィルムセンターだけちょっと離れた場所になりますが、東京駅の東側、京橋駅や宝町駅のすぐそばにあります。

東京国立近代美術館:フィルムセンター

他の最寄り駅からの道順

見学予約 - メールでのお問合せはこちらから

TEL 03-5283-1871

FAX 03-5283-1919