来たれ!ビジネスアスリート!

神田~リタオフィスへ

神田からリタオフィスの経路

道順紹介

神田(1)

JR神田駅西口を出たら、線路沿いに南の方へ向かいます。

神田(2)

最初の信号が見えてきたら、そこがチェックポイントです。道が複雑に分かれているので、ここで間違えないようにしてください。

神田(3)

写真内の黄色の矢印の方向へ右折します。

神田(4)

ここからはしばらく真っ直ぐ進んでください。

神田(5)

3つ目の交差点で右前方にセブンレイブンが見えますが、さらに直進します。

神田(6)

右前方にこのマークが見えたら、そこがリタオフィスの入っているビルになります。手前を右折してください。

神田(7)

こちらがリタオフィスの入っている豊島屋ビル正面入口になります。エレベーターで5階までお上がりください。

神田紹介・見どころ

神田とは

時代劇好きな方なら、神田と言う地名を聞くだけでワクワクするのではないでしょうか?

寛永通宝の「投げ銭」で有名な銭形平次は神田明神下に住む岡っ引きですし、清水の次郎長の子分だった森の石松の「江戸っ子だってねえ」「神田の生まれよ」「寿司食いねえ」の有名なくだりにも「神田」が登場します。

神田ブランドにあやかりたいせいか、神田がアタマに付く町名は、神田相生町、神田淡路町、神田和泉町、神田岩本町、神田小川町、神田鍛冶町、神田北乗物町、神田紺屋町、神田佐久間河岸、神田佐久間町、神田神保町、神田須田町、神田駿河台、神田多町、神田司町、神田富山町、神田錦町、神田西福田町、神田練塀町、神田花岡町、神田東紺屋町、神田東松下町、神田平河町、神田松永町、神田美倉町、神田美土代町と、すぐには数えられないほどあります。

それ以外にも、内神田、外神田、西神田、東神田と、もはや町名の意味がなくなるくらいの神田が存在しているんですよ(笑)。

竹橋

神田見どころ

「いき」で「いなせ」な江戸の象徴とも言える神田に来たら、その風情を少しでも感じてみてはいかがでしょうじか?

さすがに江戸時代の建物は残っていませんが、関東大震災後から復興した後の和風町屋の風情漂う元青果物問屋の店舗兼住宅「松本家住宅主屋」を見ることができます。

ちょっと寄り道

出世不動尊

JR神田駅西口から徒歩5分ほどのところにある出世不動尊。

徳川家の表鬼門除けとして祀られたもので、本尊は智証明大師によって造られたそうです。

昭和20年の終戦前に本堂は消失しましたが、本尊は熊本県に避難していたため無事だったようです。

東京国立近代美術館:本館

ちなみに出世不動という名前は、相撲取りが信心すれば出世できると言われたことから付けられたようで、今でも出世を願う人たちが、よく訪れるそうです。

一度足を運んでみてはいかがですか?

他の最寄り駅からの道順

見学予約 - メールでのお問合せはこちらから

TEL 03-5283-1871

FAX 03-5283-1919